2016年のクリスマスは?クリスマスイブにハレー彗星!!

こんにちは、りりえぴです!

もう11月も後半にさしかかり、12月はクリスマスであります♪

2016年のクリスマスは?もう色々考えてますか?

毎年りりえぴはクリスマスは何を食べようかな?、何を自分にプレゼントしようかな・・・

着物などを着て、歌舞伎座の1等席で座敷幕の内とか食べようかな・・♪♪♪

歌舞伎座の「吉兆」とか、いつも気になりドキドキ・・・

幕見と3階A席専門のりりえぴは、、ちょっと憧れを現実にしたいな~♪などと考えたりしております(笑)

 

皆さんは、毎年どんなクリスマスを計画しますか-!!

 

今年の10月に、りりえぴは夢を見ました、、

その夢が不思議な夢でして、、夢の中で男の人の声で

「方丈記を読め~!」

と怒鳴られてしまい、、

??何のことか・・・と思っておりました。

 

方丈記?確か歴史の試験前に「方丈記」イコール「鴨長明」と覚えた記憶がありまして、

ネットで検索しましたところ、ドン引きしてしまったのであります!

(今頃ドン引きする無知さをお許し下さい・・(汗))

 

方丈記とは、鴨長明が若かりし頃、当時の平安時代の都の状況を、赤裸々とつづった物語であります、、

しかもその当時は大地震、、都の遷都、、大火事、、旋風、山の大噴火、そしてハレー彗星が出現しているんですね・・・(汗)

1177年12月24日にハレー彗星が出現!

鴨長明が23歳のクリスマスイブにハレー彗星を見ているそうな・・・

もちろん当時はクリスマスは、ありえませんが・・・

読めば読む程、当時の凄惨な状況が描かれています、、

けれど、今の世の中、当時と似ていなくはないなー、、などと考えてしまいます。

これほど天気予報のはずれる気象状況・・・みんなのエネルギーの使い方は、明らかに温暖化まっしぐら!!

秘境と言われる世界の各地は、観光客の嵐でゴミの処理に困窮しているらしいし、、

りりえぴも、あれが欲しい、これがやりたい、こうじゃなきや絶対ヤダ!!などなど、

言ってはおれぬ状況なのかな・・・

この本を読むとやはり現代の生活は大反省をして行かないと、まずいのかな、、と思ってしまいます。

Sponsored Link


で、もうひとつ不思議なお話が・・・

クリスマスイブは、イエスキリストの誕生する前夜祭です。

このキリストが生まれるのを祝う為に、はるばるベツレヘムの地に向かって歩いた東方の三賢者達!

この三賢者を導いたベツレヘムの星が、なんとハレー彗星だったというお話があるそうです!

(あのクリスマスツリーの頭についている大きな星ですね!)

 

ハレー彗星とクリスマスは、まんざら全く関係が無いとは言えないのですね

しかもハレー彗星は、昔から不吉な星と謳われていたそうですが、キリストが生まれるクリスマスに、

お祝いに駆けつけた3人の賢者たちを誘っていたなんて・・・

なんだかロマンチックだなあって、りりえぴは思ってしまうのであります。

 

中世後期のイタリア人画家、ジョット・ディ・ボンドーネの「東方三博士の礼拝」という絵には、

ベツレヘムの星が、彗星の様に、夜空を横切っている様子が描かれています。

(写真の屋根の上のオレンジの星です!)

この彗星は、ジョットが1301年に実際に見た彗星を、描いていると言われているそうですよ・・・♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です