2016年11月15日アトレにOPEN!ラボみたいなブルーボトルコーヒー品川カフェ

こんにちは、りりえぴです!

 

今日は品川にある「ブルーボトルコーヒー」に行ってきました。

2015年2月に東京の清澄白川に1号店を出した、カリフォルニアの

大変有名なコーヒー屋さんです。

品川には2016年11月にオープンして話題になりました。

大変きれいで、開放感一杯のお店でした。

IMG_0960
*カフェラテ Sサイズでもかなり量多めです


 

店内には、大きなコーヒーサイフォンや、コーヒーサーバーが

オープンキッチンの様な広いカウンターの上に置かれており、

実際にお店の人が、実に丁寧にひとつひとつのコーヒーを入れてくれています。

一杯づつドリップしてくれるので、特別な感じがします。

 

その実演がどこからもはっきり見える様な作りになっており

一種独特な雰囲気・・・

何かの白い研究所で、最高品質の豆で落としたコーヒーを

試飲している様な、不思議な気持ちになりました(笑)

 

ブルーボトルコーヒーは、「サードウウェーブコーヒー」と言われているそうです。

Sponsored Link


??サードウェーブコーヒーって何でしょう。

アメリカのコーヒームーブメントの第3波のことらしく、

インスタントコーヒーに始まり、1960年代~2000年頃にかけて、

スターバックスなどのシアトル系コーヒ-の「風味重視」などの

セカンドウェーブの次の波が、この「ブルーボトルコーヒー」

にあたるらしいです。

 

サードウェーブコーヒーとは、コーヒーを単なる日常の嗜好品ととらえず、

ワインやチョコレートの様な芸術性を備え、高品質な食品として、

提供されるものをお客さんが楽しめる、というコンセプトらしいです。

 

まとめてみると、こんな感じでしょうか!

 

ファーストウェーブコーヒー

 インスタントコーヒーを家庭で手軽に楽しむ。

 

セカンドウェーブコーヒー  

 コーヒーショップで「風味重視」の本格派コーヒーを楽しむ。

 

サードウェーブコーヒー   

 ワイナリーの様なお店で高品質なコーヒー豆で落としたコーヒーを楽しむ。

 ラテアートも楽しめる。

 

おお!コーヒーひとつとってみても、こんなに色々と変遷があるのですね。

HP
*写真 HPより引用


 

今日はりりえぴは、カフェラテを注文してみました。

カフェラテに入れる牛乳は北海道美瑛町の牛乳でした・・とても濃いです(汗)

 

ブルーボトルコーヒーのSサイズコーヒーは、なみなみと注がれており、

大変量が多いです、、

300ml以上、入ってる様な感じでした。

 

その日飲んでみたお味は、酸味がちょっと強い中にも香ばしい香りが

後を引く美味しいものでした♥

 

もちろんお店には1号店の清澄白川で作られたスイーツも置いてありましたよ♪

 

今日も訪れて下さりありがとうございました

 

ブルーボトルコーヒー品川カフェ(BLUE BOTTLE COFFEE)
  • 営業時間 /平日8:00~22:00、土・日曜・祝日10:00~22:00
  • 定休日 /なし
  • 住所 東京都港区港南2-18-1 アトレ品川3F
  • 品川駅港南口 品川駅から194m
 

食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13177218/

サードウェーブコーヒー 参考:Wikipedia

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です