宮古島の【八重干瀬まつり】2014年で終了してた!サンゴの白化が原因?

こんにちは、りりえぴです!

3月はイベントが盛りだくさん!

皆さん、宮古島の【八重干瀬まつり】って知ってますか?

(やびじまつり、と読むそうです)

 

宮古島では1年に1度だけ、海の中から姿を見せる島があるんです。

旧暦3月3日になると、海水が引いて、珊瑚礁が浮き上がり・・

テンション上がる~

りりえぴも1度は訪れてみたいと思っているイベントでした!

八重干礁まつりとは?

宮古島の北、約5km~22kmに広がる広大なサンゴ礁郡で、

1年の中で一番干潮と満潮の差が大きい旧暦3月3日に、

海上に現れ姿を見せてくれるそうです!

 

この大潮時には「サニツ」という伝統行事が行われており、

それにあわせて、フェリーで沢山の観光客が、訪れているんですね!

2017年の旧暦3月3日は?

今年の旧暦3月3日は、3月30日にあたるみたいです。

ということは、来週催されるのかな・・・?

八重干瀬のニュースを検索していたら、

・・・え、、ちょっとショックなニュースを見つけてしまいました!

 

 

宮古島でもサンゴ死滅 高水温原因、八重干礁で68%

2017年3月1日 琉球新報

 

ええ~っそ、そんな・・・

じゃあ今年はどうなるの??

サンゴ礁は大丈夫なのでしょうか・・・
Sponsored Link

八重干礁まつりは2014年で終了してた・・・(涙)

2013年に、八重干瀬は天然記念物に指定されていたそうです。

いままで毎年行われていた「八重干瀬まつり」は、

2014年を最後に終了していました・・・

ショック・・・

 

一度行きたかった~(涙)

 

でも、毎年沢山の観光客が訪れていて、沢山の人たちが珊瑚礁に

上がることになるので、到底サンゴは傷つきますよね、、

調べてみると、毎回1000人以上の人たちが、一度に上陸していたみたいです。

しかも今、日本の南西諸島のサンゴ礁は、海水の温度が上がったり、

オニヒトデが大発生してサンゴを食べたりして

白化が大問題になっているし、、

 

onihitode
こちらは問題のオニヒトデ


悲しいけれど、お祭りは我慢するしかないですね・・・

 

でもうれしいことに、個人的にツアーで八重干瀬を訪れることは

できるみたいです!!

 

こちらでは、八重干瀬スポットにシュンーケリングや釣り船で

訪れることができるみたいです♪

2017年の予約も開始してました!(ホッ)

http://wagoumaru2012.ti-da.net/

 

 

今日も訪れて下さりありがとうございました!(´▽`) /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です