GWは温泉に!気になる伊達家御用達の温泉【青根温泉 湯元不忘閣】

こんにちは、りりえぴです!

今日はもう4月18日・・・

お花見行きましたか~?あっという間に桜も終盤を向かえ・・

4月もあと2週間ほどでおしまい!

もうちょこっとで、ゴールデンウイーク!

 

みなさん温泉好きですよね・・・!

りりえぴも、マニアックな温泉探しに凝ったりしてますが

そのうちの1つを書いてみたいと思います。

 

宮城県の温泉と言えば有名な温泉って、沢山あるけど

・・・青根温泉って、知ってますか?

実はこの「青根温泉」に、あの伊達政宗で有名な、

かつての伊達家御用達の温泉宿があるのです。

 

あまり知られてないかもしれないので、書いてみます!

 

青根温泉 湯元「不忘閣」

 

ここの温泉、りりえぴは過去に3回くらいリピートで訪れました。

HPを覗いてみると、何だか敷居が高そうですが、

旅館はとても古い建物です。

この温泉主のご先祖は、慶長年間、伊達公から「湯別当」の高禄を貰い、

代々藩主の保養所守りの役と、関守りを兼ねていたそうです。

現在の当主、佐藤仁右衛門さんは、21代目にあたるそうです・・・

Sponsored Link


旅館の中庭には、当時の伊達の殿様達をお迎えした

「青根御殿」が建っており、

毎日、朝8時50分から30分位の見学会が行われていて

中に入って見学することができます。

この青根御殿、当時の青根御殿は火事で消失しており、

昭和7年に、当時の御殿を再現しようと建てられたものらしいです。

こちらの建物は、とにかく

アンティーク好きには、たまりません!

昭和7年の建物の意匠がすごかった・・・

aonegoten
青根御殿!


しかも、この建物の最上階お部屋の中には

色々な伊達家のお宝が陳列されていて、

「不忘閣」という伊達政宗の書なども残されており、

江戸時代の狩野派を代表する、狩野探幽の掛け軸、

その他、鎧や着物、当時の調度品などなども見ることが出来ますよ♪

 

昔の文人や歌人も沢山訪れており、与謝野晶子、芥川龍之介、川端康成とか、

沢山の著名人達の、宿に残していった色紙が残っていて、

それを拝見するのも楽しいです♪

川端康成の、「月のたくらみ」と書かれている色紙が、なんともいい感じでした(汗)

IMG_0365

 

若干残念なのが、旅館の人の対応かな・・・

ちょっとそっけないんですが、、(笑)

それでも温泉やお食事、旅館の風情などなど、

古い時代の雰囲気を味わうのが好きな方にはかなり魅力的な

温泉宿です。

 

温泉は、源泉かけ流しのお湯で、全部で6個の温泉(内湯)が楽しめます。

最近、半露天風呂の「亥之輔の湯」が出来上がったみたいです。

全館に男湯、女湯、貸切湯3~4ヶ程で、

400年以上前からの、当時からある石作りの「大湯」、

蔵の中にある「蔵湯」、頭が良くなる「新湯」、

半露天風呂の「亥之輔の湯」などなど・・・

 

りりえぴが特に気に入っているお風呂は

「新湯」というお風呂でして、

こちらも「大湯」と同様、実際にお殿様が入ったと言われている石造りの温泉で、

ちょっと暗くて狭くて怖いけど、当時の雰囲気を味わえてとっても気に入ってます。

「大湯」と「新湯」は、400年以上前の当時の石のお風呂をそのまま現在も使用しています。

 

fuboukaku
このアンティークさ、たまりません


 

 

湯元 不忘閣
  • 〒989-0908 宮城県柴田郡川崎町青根温泉1-1
  • TEL:0224-87-2011
  • チェックイン15:00 アウト 10:00
  • 予約 (HPより予約可能) 湯元 不忘閣
  • 西別館 ¥15900~
  • 不忘庵 ¥14850~
(金額は2名1室~ 1泊2食付・消費税・入湯税込み)

(不忘庵は、風情はあるけど洗面、お手洗いが旧式でした、、

部屋から温泉まで100段くらいの階段の上り下りがあるので、足腰弱い方は西別館がおすすめです)

 

*予約サイト

じゃらんnet

るるぶトラベル

 

今日も、訪れて下さりありがとうございました!(´▽`) /

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です