幽玄は有限 玉三郎さんと鼓童の「幽玄」について考えてみた!

こんにちは、りりえぴです

今日は、2018年9月にギリギリセーフの幕見で飛び込んだ「「幽玄」について、

書いてみたいと思います!

 

坂東玉三郎×鼓童特別公演 幽玄!

 

今回の歌舞伎座は、あの「鼓童」の人たちが

歌舞伎座で演奏を行うという異例の舞台!

素晴らしかった~

 

突然ラジオの雑音が波の様に広がる幕開けでした。

そう、この音、小太鼓の重なる音律だったんですね・・・

しょっぱなから度肝を抜かれました。

 

小太鼓からこんな音が出るなんて・・・

しかも潮騒の音にも聞こえるし、上手く言えないのですが、いままで経験したことの無かった

感覚でした。

音に表現できない、色がついて、広がって行く??そんな感じです。

 

美保の松にかかる天女の羽衣。

舞台を見ると、松の木に着物が折りたたんでフイッと乗っかってる感じです。

 

そこに天女が登場・・

 

 

羽衣を着る玉三郎さん。

羽衣を重ねるだけで、全く次元が違うことになる

そんな不思議な舞台でした。

無事、羽衣を返してもらえた天女。

羽衣を着て舞いを踊ります。


Sponsored Link



最後に舞台がゴゴゴゴーっと回ってすれ違っていくんですが、

まるで次元が組み変わっていく様な表現でした。

天女と男が、実は気の遠くなる様な確率で出会っていたことを、ほのめかすような、

実は全く天女と男の住む空間が違っていたことに気がつく様な、そんな舞台設定でした。

 

確かに・・・天女と人間の男性が出会うなんて、まず天女の羽衣を見つけてしまうこと事態、

すごいことですよね、、

日常の不確かなきっかけで、実はそんなことにめぐり合えることって

実は実は、あるのかもしれないんだ!!と思えるりりえぴでありました(笑)

 

鼓動の人たちと、玉三郎さんの「幽玄」の世界もそうですが、

アマテラスの舞台と同じ様に、日常では出会わないあまりにも荘厳なもの、

神秘なものの厚みがすごいパワーで迫ってくる、そんなものを感じた舞台でありました。

 

今日も読んで下さり、ありがとうございました(´▽`) /

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です